ホーム > 外為オプション取引 > 外為オプションで負ける人の共通点を分析してみた!

外為オプションで負ける人の共通点を分析してみた!

相場と言うものは負けている人によって作られます。

この外為オプション取引の記事にも有る様に、負けた人と言うのは、ポジションを解消する時に反対の売買を行います。

ロングポジションで負けが確定するのは、そのポジションを売るからです。

チャートが大きく動くのは、大量の損切りが発生した時です。耐え切れなくなって切るわけですね。

それが連鎖的に生じた時に急騰、急落となります。

チャートにラインを引いてブレイクする瞬間を狙うと上手く乗れることがあります。
トレンドブレイク手法と呼ばれていますが、これを掴むには慣れが必要です。