ホーム > ニキビ > ストレスなどがニキビ発生の要因に!

ストレスなどがニキビ発生の要因に!

10歳代後半にできる思春期ニキビは、男性ホルモンの影響で過剰な皮脂分泌が原因で発生しますが、成人してからできる大人ニキビの場合は、さまざまなことが絡み合って、体内バランスが乱れることから発生します。

ようするに、大人ニキビの発生は、オイリー肌や頬のような乾燥する部分にできるというものではなく、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどの生活習慣の乱れが影響して、体内のホルモンや免疫力が乱れることが原因です。

そして、日頃のちょっとしたストレスもニキビ発生の要因として挙げられます。

近年は、女性の社会進出が著しく、多くの女性が仕事や人間関係のストレスを抱えています。

しかし、仕事のストレスなど慢性化していて特に意識していないようなストレスも少なくありません。

本人はそう意識しないようなちょっとしたストレスでも、積もり積もって、体内のホルモンや免疫力に影響を与えて、ある日、突然ニキビとなって現れることがあるのです。

小さなストレスは誰にでもあり、気づかないうちにため込んでしまうわけです。

体の不調やニキビになって現れる前に、日頃からストレスを溜めずに、解消することが必要です。

休日は趣味を楽しんだり、スポーツなどで体を動かすといいでしょう。

寝る前にしっかりリラックスすることも大切です。

ストレスを解消するには質のよい睡眠が大切ですが、質の良い睡眠を得るには就寝前に心と体がリラックスすることが必要です。

ヒーリングミュージックを聴いたり、アロマを焚いたり、ストレッチをするなど、自分なりにリラックスできる方法を見つけるといいでしょう。

いつまでも健康と美肌を維持する!

また、ストレスと並び、睡眠不足や食生活の乱れによる栄養の偏りや不足もニキビ発生の大きな要因になります。

残業で帰宅が遅かったり、テレビを深夜まで見続けたりして、睡眠時間が短い方や大幅な食事制限をしたダイエットを行っている方などは要注意です。

毎日、最低でも6時間以上の睡眠をしっかりと取り、栄養バランスを考えた食事を1日3食規則正しく摂るように心掛けましょう。

このように大人ニキビを予防するために、日ごろから対策をとることが大切です。